Japanese | Chinese | Korean


Obama Magic is Gone – Caution Outweighs Zeal - JAPANESE

オバマ・マジックは消えた―熱意を上回った警戒心

【ベルリンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

4年前、「『核兵器なき世界』の平和と安全を目指す」というバラク・オバマ大統領の約束は世界を駆け巡り、ただ一筋の閃光(=核爆発)によって人類が破滅することはなくなるという希望を生んだ。6月19日、オバマ大統領はこの「プラハ演説」につづく演説をベルリンで行おうとした。しかし今回は、オバマ・マジックが会場を席巻することはなかった。

Read more...
 
 

UN Downplays Health Effects of Nuclear Radiation - JAPANESE

国連、放射線被ばくの健康への影響を過小評価

【国連IPS=ジョージ・ガオ】

残留放射線が地元住民に及ぼす影響について不正確な見解を示したとして、国連が医療関係者や市民社会からの批判にさらされている。

科学者や医者らが先週、国連のトップ級と面会し、日本およびウクライナにおける放射線の効果について議論した。国連は、国際原子力機関(IAEA)、世界保健機構(WHO)、原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)など複数の機関を、この問題に対処する機関として指定している。

Read more...
 
 

Obama Renews Push For Nuclear Arms Control - JAPANESE

オバマ大統領、核軍備管理のさらなる推進を表明

【ワシントンIPS=シドニー・ハーギス】

バラク・オバマ大統領が19日にベルリンでの演説で発表した米露間のさらなる核兵器削減の呼びかけに対して、さまざまな反応が出ている。

オバマ大統領は、「我々は、もはや世界絶滅の恐怖の中で生きてはいないかもしれません。しかし、核兵器が存在し続けるかぎり、我々は本当に安全とは言えません。」「我々はテロリスト網を一網打尽にすることができるかもしれませんが、過激主義を煽る不安定と不寛容の問題を無視する限り、我々自身の自由は結果として危機にさらされることになるでしょう。」と述べた。

Read more...
 


Page 8 of 78

Search