Japanese | Chinese | Korean


米国はイスラエル、インド、パキスタンの核には寛大なのか?

【国連IPS=タリフ・ディーン】

世界47カ国の首脳級参加者が集い、鳴物入りで2日間に亘って開催された「核安全保障サミット」が閉幕した時、サミットの協議内容はもとより、主催者のバラク・オバマ大統領からさえ回答を得られなかった、いくつかの拭いきれない疑問が残った。

Read more...
 

「核兵器なき世界」へ向けて、アラブ諸国の呼びかけ

【イスタンブールIDN=ファリード・マハディ】

完璧なタイミングとみるか、それとも単なる歴史の偶然とみるか。イスラエルの核のハンマーとイランの核のハンマー台との間に挟まれた結果か、あるいは、彼らが真摯にそれを望んでいるためか。いずれにせよ、アラブ22カ国の首脳達が、世界から核兵器をなくすべきだとする、前例のない大きな緊急の呼びかけを行った。

Read more...
 

|軍縮|核兵器ゼロを呼びかけるハリウッド映画

【ワシントンIPS=プラタップ・チャタジー】

米国映画界(ハリウッド)、IT産業界(シリコンバレー)のリーダーが、中東の王族や米政府の高官と協力して、来週ワシントンで開催される核安全保障サミットに出席する各国の首脳に対して、「国際社会は一刻も早く核兵器をゼロに削減する必要がある」というメッセージを送る予定である。

Read more...
 

近代的な核安全保障事業を目指して

【ベルリンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

米国の核兵器施設群を「現代的で21世紀の核安全保障事業」に相応しいものに転換していくことこそ、バラク・オバマ大統領がロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領との間で4月8日に署名した新戦略兵器削減条約(新START)で明らかにしたオバマ政権の核安全保障戦略の中核をなす部分である。

Read more...
 


Page 71 of 78

Search