Japanese | Chinese | Korean


核サミット後の安全保障

【ワシントンDC・IDN=アーネスト・コレア】

バラク・オバマ大統領が招集した「核安全保障サミット」には47ヶ国の代表が集まった。そのうち30ヶ国以上は元首による参加である。彼らは、「ならず者」からの核攻撃―「非国家」主体による場合もあれば、ルールを守らない国家主体によるものもある―に対して世界を安全に保つための道筋に関して、小さくはあるが重要な合意に到達した。

Read more...
 

核不拡散体制には三重基準がある(核政策に関する法律家委員会ジョン・バローズ事務局長インタビュー)

【国連IPS=タリフ・ディーン】

核兵器の廃絶と、この恐ろしい兵器の拡散をいかに阻止するかということが、来週から1カ月に亘って国連を舞台に開催される核兵器不拡散条約(NPT)運用検討会議における主な協議事項となっている。

Read more...
 

NPT運用検討会議に何千人もの反核活動家が集う

【国連IPS=アンナ・シェン】

NPT運用検討会議開幕前日の5月2日、約15,000人の市民が核廃絶を訴えてニューヨーク市内を行進した。この群衆の中には、「ノーモア・ヒロシマ」と訴える横断幕を掲げた着物姿の日本人女性や、80歳の老婦人、世界から集った18人の市長等、多彩な顔ぶれが見られた。

Read more...
 

「私には核兵器なき世界実現を訴えていく義務がある」(秋葉忠利広島市長インタビュー)

【国連IPS=アンナ・シェン】

国連で世界の市長が核問題について果たせる役割について演説した秋葉忠利広島市長は、核廃絶の早期実現を一貫して訴え続けている人物である。

Read more...
 

NPT運用検討会議でイスラエルとイランが議論の焦点に

【国連IPS=タリフ・ディーン】

5月3日、約1カ月に亘って開催されるNPT運用検討会議が開幕したが、予想通り議論はイスラエルに集中した。

Read more...
 


Page 72 of 78

Search